通販で売れるサプリメントを開発!(販売編)

1 min 98 views

まずはレビューを集める

私の経験からお伝えするといきなり誰も知らない商品は値段の高い金額だと売れません。なので立ち上げ時は実績を付けるために仕入れ価格に送料を乗っけたくらいの低価格で販売してください。ある程度レビューが貯まっていくと少しづつ販売量が増えていくので徐々に値上げをして利益を取る商品になっていきます。

広告はなるべく使わない

売れないからといって焦って広告を使ってはいけません。サプリメントは利益率が高いですが競争が激しい業界のため、広告費が高くついてしまい回収に時間がかかってしまいがちです。筆者も新商品を勢いづけるために広告をかけたこともありますが、その際は大赤字でした。結局のところ何もしないでちょろちょろ販売してた方が手残りも多いという苦い経験を経て広告を使って無理に売ることはやめました。

売れないなら損切も覚悟

絶対に売れると思って作っても売れない時も正直あります。予想よりも売れない場合は賞味期限(通常2年)前に在庫をなくす必要があるので損切りしていきます。販売してから約半年でどうしていくかの判断を下すのですが、残りそうな場合は少し赤字になるかトントンくらいの範囲の価格にして売り捌きます。調査が甘かった、市場が変化した、競合が出てきたなど反省を行い次の開発に取り組んでいきます。私も商品開発した50%は1回だけ生産して再販しない商品となっています。

売れた商品にはファンが付く

サプリメントなので一定以上売れるとコアな固定客というものが付いてきます。売れ筋商品については必ず商品のこだわりが掲載されたチラシをお金をかけて作成して同封するようにしています。ついたお客様を逃さないようにチラシ内にラインのアカウントを掲載するなどお客様とのタッチポイントはめんどくさがらず作ることで安定して売上を作ることができます。

マロ

マロ

ECショップを運営する会社の役員やっています。
商品開発の難しさや、販促の難しさを知ってる方だと自負しています。
趣味はマラソンで二児の父。副業でコツコツお小遣いを増やしています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です