通販で売れるサプリメントを開発!(商品アップ編)

2 min 123 views
商品アップ編

未経験の場合は商品登録に対して気後れするかもしれません。が、各販売チャネルのマニュアルを見れば問題なく、簡単に商品販売できる仕組みが今は整っています。

売れるための商品画像要素

【クリアな商品画像】
商品がよく見えるように明るくクリアな画像を使用してください。商品が暗く見えたり、ぼやけたりすると、顧客は商品の質に疑問を抱く可能性があります。筆者はスマホ等で撮影すると汚くなるのでパッケージデータを活用しています。

【商品の魅力を伝える】
例えば、ビタミンやミネラルなどが含まれている場合、サプリメントを摂取することで、免疫力を高めたり、体調を整えたりすることができます。このような健康への効果を伝えることで、顧客はサプリメントを購入する意欲を高めることができます。ただし、薬事法に違反しないように効果効能を明示することは控えなかればいけません。

【安全性と信頼性を示す】
サプリメントは、健康に影響を及ぼすことがあるため、製品の安全性や信頼性が非常に重要です。製品が安全性について説明されていたり、製品に信頼できる認証が与えられていたりする場合、顧客は製品を購入する際により安心感を持つことができます。サプリメントを生産する依頼先に具体的な安全対策や実績等を聞いてその内容をアピールすれば問題ありません。

【ユーザーの声を掲載】
顧客のレビューやフィードバックを掲載することで、製品の信頼性や効果についての情報を提供することができます。顧客の声は、製品の購入に迷っている顧客にとって、製品についての重要な情報源となります。

売れるための商品テキスト

【商品の魅力等を伝える】
上記の画像要素をテキスト化してお客様に魅力を伝えていきます。画像だけでなく文字でもしっかりとアピールすることが重要です。

【検索対策を行う】
販売チャネルによって大きく変わりますが、検索で引っかかるようにキーワードを入れる作業が非常に重要です。どんな商品でも見られなければ売れないのでその確率を上げるためにキーワード探しをしていきます。慣れないうちはまず競合他社品のキーワードチェックと、主要ワードを入れると出てくるサジェストワードチェックの2つを行ってください。キーワードを探していく中でより専門的なニッチなキーワードを見つけることが出来ればより効果的な検索対策となります。慣れてきたら雑誌やSNSで新しく出てくるキーワードに気付けるようになっていきます。

マロ

マロ

ECショップを運営する会社の役員やっています。
商品開発の難しさや、販促の難しさを知ってる方だと自負しています。
趣味はマラソンで二児の父。副業でコツコツお小遣いを増やしています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です