スキル販売の基礎知識

3 min 42 views

スキル販売の普及
WEBミーティングの普及が進みオンラインでスキルを学び、販売することが容易になり、特定の技能や知識を持つ個人が、自分の専門性を市場で価値あるものとして販売できるようになりました。

スキル販売は教える側にとってもメリット
自身の経験で得たノウハウスキルを体系化する機会にもなり、また生徒の質問に答えるために調べたり最新のトレンドを学ぶことになります。柔軟な学習と収入の機会を得ながら、時間や場所に束縛されない新たな働き方が可能です。

市場規模も拡大中
オンライン教育の拡大とともに急速に成長しています。特にパンデミック以降、リモートワークや在宅学習の普及がこの傾向を加速させました。プログラミング、デザイン、ビジネススキル、言語学習など、多岐にわたる分野に及んでいます。わざわざ通わなくてもいいので気軽に学ぼうという需要は世界中で高まっており日本でも継続的な成長が見込めるとされています。実際にスキル販売をメインにしたココナラやクラウドワークスは毎年成長を続けています。ただしここ数年で大きくなってきた市場のため具体的な数値は業界によって異なり明文化されてはいません。

スキル販売のプラットフォーム比較
1.ココナラ
特徴:ユーザー同士の直接的なコミュニケーションをサポートし、カスタマイズされたサービス提供が可能で、個人が特技や知識、経験を販売できるマーケットプレイスです。ユーザーインターフェースが直感的で、サービスの出品や購入が簡単に行えます。
講師向け: 誰でも講師としてコースを作成し無料で販売することが可能。売上の一部を手数料としてプラットフォームに支払います。
受講生向け:サービスはイラスト制作、占い、ビジネス相談、言語レッスン、プログラミング指導など多岐にわたります。金額や酒類も多岐に渡ります。クライアントとフリーランサーのマッチングを促進するシステムがあり、安全な取引環境を提供します。
2.クラウドワークス
特徴:クラウドワークスは、オンラインでのフリーランス業務を中心としたクラウドソーシングプラットフォームです。
講師向け: 基本的にはプラットフォームの使用は無料ですが、成約時に手数料が発生します。クライアントからの直接依頼や、コンペティション形式の案件もあります。
受講生向け:個人や中小企業が特定のプロジェクトやタスクに対してフリーランスを探している場合に適しています。
3.note
特徴:noteでは、文章、写真、イラスト、動画など様々な形式のコンテンツを投稿できます。これにより、幅広いジャンルのクリエイターが自由に表現活動を行えます。マガジン機能、有料コンテンツの販売、タイムラインとフォロー機能が備わっています。
講師向け:自分の作成した有料コンテンツや有料メルマガを販売することができます。読者は購入することで、そのコンテンツにアクセスできます。
受講生向け:無料でもある程度の情報収集が可能でさらに深堀っていき知りたい情報は有料コンテンツになる傾向にあります。
4.Udemy
特徴: Udemyは、世界最大級のオンライン学習プラットフォームの一つで、数多くのコースが提供されています。ビジネス、IT、個人開発、アートなど幅広いカテゴリーがあります。
講師向け: 誰でも講師としてコースを作成し販売することが可能。収益は販売価格とプロモーションの種類によって変わります。
受講生向け: コースは有料ですが、しばしば割引キャンペーンが実施され、リーズナブルな価格でアクセスできます。
5.Skillshare
特徴: Skillshareは、特にクリエイティブなスキルを中心とした学習コミュニティです。デザイン、写真、ビデオ制作などのクリエイティブなコースが多いです。
講師向け: 利用者は誰でも講師となり、自分のスキルを共有できます。収益は受講者の視聴時間に基づいて分配されます。
受講生向け: 月額または年額のサブスクリプション制で、無制限に多くのコースを受講できます。
6.Coursera
特徴: Courseraは、世界有数の大学や機関と提携して高品質なコースや専門知識を提供しています。学位や専門職資格の取得も可能です。
講師向け: 大学や企業の専門家が主にコースを提供しており、一般の講師には門戸が限られています。
受講生向け: 多くのコースが無料で提供されており、有料の場合でも金額に見合う価値があります。
7.Teachable
特徴: Teachableは、個人が自分のオンラインスクールを作成し、コースを販売できるプラットフォームです。カスタマイズ性が高く、ブランディングに強いです。
講師向け: プランに応じて異なる機能と料金体系があり、よりプロフェッショナルなコース運営が可能です。
受講生向け: 購入したコースは生涯アクセス可能で、高品質な学習体験を提供します。

実際にどんなスキルが売れているかの調査
ランキング:人気サービスランキングが表示されている場合があります。これらのランキングをチェックすると、現在どのようなスキルやサービスが人気があるのかが分かります。
検索機能:サイト内の検索機能を利用して、特定のスキルやキーワードに関連するサービスを検索し、その検索結果から人気のあるサービスを推測できます。
レビューと評価:各サービス提供者のページを訪れ、レビューの数や評価の高さを確認します。多くの良いレビューがあるサービスは、人気がある兆候です。

マロ

マロ

ECショップを運営する会社の役員やっています。
商品開発の難しさや、販促の難しさを知ってる方だと自負しています。
趣味はマラソンで二児の父。副業でコツコツお小遣いを増やしています。

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です